美味しい米の見分け方

ポイントは3つ!美味しいお米の見分け方

野菜や魚のように、米も美味しいものを見分けることができます。1つめのポイントは、精米日。米は玄米の状態から精米したその時から品質の劣化が始まります。出来るだけ精米日が新しいものを選び、少量をなるべく早めに食べきるようにすることで、米の新鮮さを保ちます。2つめのポイントは米の粒の大きさや形。粒の大きさが揃っていて、形が均一であり、割れたり白い米が入っていないものが理想的です。白い米は発育不良の米なので、その量が多いと全体の品質を低下させてしまいます。3つめのポイントは袋の状態。どんなに良い米でも、保管状態が良くなければ意味がありません。米が入っている袋が痛んでいたり破れていたり、また内部が汗をかいたりしていないか確認します。以上の点に注意すれば誰でも簡単に美味しい米を見分けることができますので、米を購入する時はぜひ参考にしてみてください。

見た目で分かる!美味しいお米の見分け方とは!?

お米をパット見ただけでは、どれが美味しいのか食べるまでは分かりません。ただ米粒の状態などから良いお米を見分けることができます。袋から見えるお米の状態をしっかりとチェックしましょう。成熟した美味しいお米は透き通っていますが、お米が欠けたりひび割れがある時は乾燥や劣化が進んでいるサインです。また真っ白なお米は発育不良のお米です。良いお米でも袋の中に白いお米が混ざっていることはありますが、あまりに目立つようなら品質が良いとは言えません。精米日もお米の美味しさを決めるポイントです。お米の劣化は精米した時から始まるので、できるだけ日付が近いお米を選んだ方が良いです。またどのような状態で保管されていたかを知るには、袋の状態を見てみましょう。袋にキズや汚れが目立ったリ、汗をかいているようなら良い環境ではありません。

美味しい米を選ぶ方法

美味しい米の見分けとしては、まずスーパーに行ったら袋に書かれている精米日を見てみましょう。できるだけ現在に近い日付を探すのがコツです。米は精米してから徐々に劣化して行くためで、可能なら昨日か一昨日に行なっているものを選びましょう。
次に米を実際に見たいのですが、これはできるものとそうでない場合に分かれます。もしも中身の見える袋を使っているなら、粒がそろっているか、ヒビは入っていないか、それから白っぽい米が混じっていないか探します。乾燥が激しいと割れやすくなりますし、白く濁っている米は成熟しきっていないことを意味しています。逆に透明で、表面がきれいなら美味しい米だと考えて差し支えがないです。米を入れている袋にシワが入っていたり破れていたりする場合は、乱暴に扱われてきた可能があるため、中の米も傷んでいるかもしれないので避けておくと良いです。