ガスで炊くと美味しい?

ガスで炊いたご飯が美味しい!!その理由は?

ガスでお米を炊くと美味しいとよく言われますが、それはなぜでしょうか?その理由は3つあります。まず、強い火力で素早く沸騰することでうまみ成分を閉じ込めることができます。次に、強い火力で釜を高温にすることで釜内に激しい対流を起こし、お米1粒1粒をむらなく加熱します。最後に、強い火力のため赤外線効果が高く、お米を内側から加熱することができます。お米をおいしく炊くポイントはズバリ火力です。ガスでお米を炊く場合は、「はじめチョロチョロなかパッパ」と言いますが、実際には、お米を30分から1時間水に浸した後、中火で炊飯を開始して沸騰させます。目安は点火してから約10分です。10分未満だと甘みが少なく、10分を過ぎるとべたついた食感になります。沸騰したら弱火にして、蒸気が出なくなれば火を消します。消化後、約10分間蒸らせば出来上がりです。もし、ガスコンロに自動炊飯機能がついていれば、土鍋や炊飯釜で簡単にご飯が炊けます。

お米はパワーのあるガス炊飯器で炊いて美味しく頂きましょう

多くの家庭で使われているのは手軽な電気炊飯器だと思います。しかしガス炊飯器を使ってお米を炊くと、同じお米かと舌を疑うほど美味しいお米を炊くことが出来ます。電気炊飯器でお米を炊いたときの独特の水気がほぼ無く、さっぱりと炊きあがるので、布巾を掛けて蒸らす時間が必要なほどです。昔はお米はお釜で炊かれていました。より熱い方が美味しく炊けるのは当然なのです。ガス炊飯器にはまだメリットがあります。炊きあがりが早いので、料理と平行してご飯を炊くと丁度、ご飯の時間に炊きたてのご飯を合わせることができるのです。蒸らしている時間を合わせても1時間も掛からないので、電気炊飯器より非常にお勧めです。日本人の主食であるお米をより美味しく食べるというのは、料理の種類が増え、味が多様化した現代においてとても重要なことだと思います。

ガスで炊くと米の本来持っている甘味を引き出せる

時間がないときや1合だけ美味しいご飯を炊きたいときに向くのがガスで米を炊くことです。ガスで炊くと少量でも美味しくて、炊飯器よりも少ない時間で炊き上げることが可能です。米の本来持っている甘味を引き出すためには強い火力で一気に炊き上げることが大切です。値段が高い炊飯器なら強い火力で炊けるのですがコストが多くかかってしまいます。ガスを使って米を炊くと、強い火力で炊くことができ、やさしい甘みのご飯を食べることが可能です。ガスで炊くときに注意が必要なのがあまり蓋をしょっちゅう開けすぎないことです。中の水分が残っていないか蓋を開けて確認することは大事ですが、蓋を開けると鍋の中の温度が下がってしまいます。そのため、何回も蓋を開けるのではなく、米の芯に火が通ったあとで火を弱めて水分がなくなるのを待つときなどの確認のときだけ蓋を開けるべきです。